大阪 交野古民家のてぬぐい屋 まま・めぞん
【注染 (ちゅうせん)】

「注染」という方法で、職人さんが一枚一枚染め上げています。 手仕事ですので、一枚ごとに“にじみ”や“色むら”があったりと表情が変わります。 染料を使用しているため最初は色落ちしますが、使っていくうちに段々と色も落ち着き、 生地も柔らかくなり、とても風合いの良い手ぬぐいになっていきます。 吸水性・通気性の良さも魅力です。




【捺染 (なっせん)】

染料を糊にまぜ、直接布地に摺り付けて染色すること。 特に、型を用いた型染めをいう。プリント。なせんとも言います。





【お取扱いについて】

若干色落ちする場合があります。 洗濯の際は、色が移る場合がありますので、他のものと一緒に洗濯するのは避けて下さい。 漂白剤や蛍光材入り洗剤のご使用は避けて手洗いして下さい。 長時間水に浸けたり濡れたまま放置しますと、他のものに色が移る場合があります。 手ぬぐいは、基本的に端がきりっぱなしです。このおかげでとても乾きやすく衛生面も優れています。 (雑菌がたまらない。)昔は古くなった手ぬぐいを包帯にしたりハタキにオムツにしたりと 最後は形をを変えました。 初めは糸が出ますが、使い込むうちにフリンジ状になり、ほつれる事はありません。5ミリほどで止まります。 糸が気になる場合は、糸を引き抜かずハサミできりそろえて下さい。 注染の手ぬぐいでは、生地の端、”みみ”の部分が少し厚くなっています。 そのため、この部分の色が薄くなる事があります。


Calendar

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
【交野 実店舗営業日】
月曜日 休み
火曜日 11:00〜17:00
水曜日 休み
木曜日 11:00〜17:00
金曜日 休み
土曜日 11:00〜18:00
日・祝日 休み

About the owner

大阪交野古民家のてぬぐい屋 まま・めぞん みちを

築120年の大阪 交野 古民家台所土間のてぬぐい屋カフェ 576-0033 大阪府交野市私市4-18-5 産巣日台所土間 まま・めぞん 京阪河内森駅から徒歩5分 JR河内磐船駅から徒歩8分

Top
copyright © 2009 by まま・めぞん all rights reserved.